受付革命 導入事例 白光舎様

『ボックス・ロッカー・アプリによる、1秒、1円の積み重ねの効果への期待』

株式会社白光舎

本社:千葉県八千代市
店舗:千葉県西部エリアで直営店95店舗展開

導入サービス:預りボックス「Drop&Go」、返却ロッカー「Take&Go」、スマホアプリ「ASTEMPO SMART

導入前の
課題
  • 早朝や深夜は店舗を開けていても、限られた顧客しか来店せず、コストと見合っていなかった。
  • 顧客が集中する時間帯では、待ち時間が発生し、顧客の満足度が下がっていた。
  • DM郵送によるコスト負担。
デジジャパン
からの
ご提案
  • 営業時間外は預りボックス・返却ロッカーを活用し、クリーニング品のお預りと返却を可能にして営業時間を短縮。
  • 営業時間内でもボックス・ロッカーを活用し、顧客の待ち時間を短縮。さらに競合店舗との差別化の実現。
  • スマホアプリを活用し、受付業務の革新とアプリ会員へのDMを電子化してコスト削減。
導入効果
  • 預りボックス、返却ロッカーの導入店舗では営業時間を4時間短縮、定休日も設定。それにより固定費削減。
  • 営業開始時刻を遅くしたことで人員確保がしやすくなった。
  • スマホアプリにより1客あたりの店内滞在時間を最大1分短縮し、それにより顧客満足度向上。
  • 行列解消で受付スタッフのストレス緩和。
  • 競合店舗との差別化実現。
  • DMを電子化することで郵送費削減。

導入前の状況

早朝や夜間は店舗を開けていても、限られた顧客しか来店していませんでした。そのため店舗を開くコストと売り上げが見合っていなかったのです。しかしその時間帯にしか来店できないお客様もいらっしゃるため、なかなか営業時間の短縮に踏み切ることができませんでした。
また顧客が集中する時間帯では、行列ができてしまってお待ちいただく時間が発生し、顧客の満足度が下がってしまう懸念がありました。

また、販促方法の1つとして実施していたのが郵送のDMでした。一定の効果をあげていましたが、会員数が増えるにつれ発送費が高くなるので、他の方法がないかと考えていました。

導入後の状況

売上はキープしながら、営業時間の短縮&定休日を設定。
さらに人員確保の面でもメリットが

預りボックス「Drop&Go」と返却ロッカー「Take&Go」の導入店舗では、開店を2時間遅くし、閉店は2時間早めました。つまり営業時間を4時間短縮したことになります。さらに定休日まで設けることができたので、固定費を削減することもできました。
導入前は売上が落ちるのではないかと少し心配していましたが、預りボックスも返却ロッカーもお客様にうまく活用してもらえたため、売上が落ちることはありませんでした。

しかも営業開始時刻を遅くしたことで人員確保がしやすくなりました。導入当初は想定していなかった副次効果です。


店内滞在時間 最大1分短縮に成功!行列解消でスタッフも嬉しい!

スマホアプリ「ASTEMPO SMART」により、会員証や預り票の情報も電子化もできるようになりました。
もちろんそれだけではなく、スマホアプリの機能をいろいろと活用しました。その結果、1客あたりの店内滞在時間を最大で1分も短縮することができました。これにより行列や待ち時間も解消されつつあり、顧客満足度が向上しました。
しかも、お客様の行列が解消されたことで、受付スタッフのストレスも緩和されました。これも導入当初は想定していなかったメリットです。

DMやクーポンはアプリで配信!DM郵送費も削減

DMを電子化することで、郵送費も削減できました。ASTEMPOに蓄積されている利用実績を基にしたクーポン配信なども可能なので、効果の高いクーポンをすぐに作れて、すぐにお届けすることができます。

当社では1秒、1円の積み重ねを常に意識して働くことが大事と教えられています。
今回導入したボックス・ロッカー・アプリを使いこなすことがそこに繋がると考えています。